探偵になる方法をご紹介

探偵になる方法をご紹介

興信所、探偵事務所、調査会社

探偵業を自分で開業するためには、探偵業届出証明書の発行が必須です。 警察署に必要書類を提出します。 警察署経由で公安委員会で、探偵業開始届出書受理がされ発行されます。 発行後にようやく開業が可能となって、他人から依頼を受け探偵として調査を開始出来ます。 ...続きはコチラ

自由とともに

新聞などの人探しの下部広告欄に、文字数の限られた電報のような失踪者に呼びかける文章もめったに見なくなりました。 和夫すぐ帰れ何も心配いらない母危篤、などの広告文章で、家族のつながりとひっ迫した状況を感じ取りながらも、どこかで当人の目に触れ連絡することがあるのかと考えさせられます。 ...続きはコチラ

インパクトのある調査もない引用を狙う

発言すると罵詈雑言と解釈し書き立てるのが商売で、紙面の限られた文字数の中、肝心な意味を成すキーワードは削り断片的で恣意的な悪用を施すも、呆気なく意味が外れておかしい。 全世代型社会保障の必要性の発言の中の一箇所を揶揄して紙面で書き立てる一挙手一投足は、役立つのかがポイント。 犯人探しは探偵でも不可能か。 ...続きはコチラ

集中力とタフ

探偵業や調査業は、一般的に言われているところの興信所や探偵事務所、または調査会社等のことです。
法的には、「探偵業の業務の適正化に関する法律」に基づく届出を行っている事業者と考えられます。
探偵事務所などが行っている調査内容は、各事務所で専門を決めていて、相談を受けます。
全員が国家資格を取得している法律家ほど全般に相談を受けることはないようです。
探偵業届出証明書以外は何もないので、業務に曖昧な部分もあり、知られていない業界の広域の専門があるのかもしれません。
一般的に探偵事務所で広告されているのは、妻や夫の不貞行為を調べる浮気調査、行動や交友関係などを調べる素行調査、行方不明者や過去の知人などを探す人探し調査、盗聴盗撮発見調査、婚約者などの素性を調べる結婚調査、実態があるか調べる企業信用調査、学校や職場のパワハラセクハラを受けていないか調査するいじめ調査、嫌がらせや付きまとい等のストーカー行為の実態を調べストーカー対策でのアドバイス、近隣の住民とのトラブルを調べアドバイスする、DVなどで逃げるための別れさせ工作などがあります。
人を扱う業務で、相手次第では傷害事件になりかねないケースもあり、心身共に強靭であることも求められます。
探偵の加盟している「一般社団法人日本調査業協会」という昭和63年に業界の4団体統合で警察庁許可を受けた協会からは、別れさせ工作等の危険な行為を伴う調査を行わないように指導をされています。